【中小企業経営者の言葉より】取引先に税務署が入ったので、うちにも入られた。その時、経営の甘さを知り、厳しい会社にした。

【中小企業経営者の言葉より】取引先に税務署が入ったので、うちにも入られた。その時、経営の甘さを知り、厳しい会社にした。

 

うちのような小さな会社に税務署が来るわけがない。それに、毎年赤字。そう思っていると急に税務署が来ることがあります。

 

取引先が大きな黒字を何年も出し、その関連で調査に来られます。

 

その時、帳簿や伝票等が整理できないことに気づき、そこからきっちりした会社にしようと努力されます。

 

結局、大きな調査ではないですが、税務署の方が来られたことで、経営体質が良くなるということがあります。

 

甘い経営をされていませんか?

誰に見せても良い状態になっていますか?

 

それを早く気付いて下さい。

 

それは、経営者の役割です。