【お米屋さんの経営課題】決算書や試算表を読む勉強をする

【お米屋さんの経営課題】決算書や試算表を読む勉強をする

 

実は、いろんな業種・業界のコンサルティングを30年以上行ってきましたが、お米屋さんの決算書・試算表だけは見たことがないです。

 

精米して米を販売することだけに目が行き、大事な決算書・試算表の分析ができていません。

 

そのため、節税対策もやっておられません。

 

例えば、産地に見学へ行ったりしたりすると思います。その際、出張報告書を上げると、交通費や日当が経費として認められます。損金算入できます。

 

従業員10名以上の会社は、就業規則が必要ですが、お米屋さんはそこまでの規模のところは少ないです。

 

そういう場合は、社会保険労務士の先生に頼んで、出張規程と出張報告書のひな型を作っていただき、そこに毎回記入して申告して下さい。

 

実際には、会社から交通費・日当をいただきませんが、それが経費と認められるため、決算の時の納付する税金の額が少なくなります。

 

このような決算書や試算表の勉強をされていますか?

 

これを行わないと損をします。

 

必ず、独学で勉強するか、そういう知識を持っている人から学んで下さい。

 

それが、お米屋さんの大きな課題です。