【企業再生・立て直しで経営コンサルタントが入った方が良い理由】社長の思い入れのあるものは止めれない

【企業再生・立て直しで経営コンサルタントが入った方が良い理由】社長の思い入れのあるものは止めれない

 

ある程度、コストカットは進んでいるのに、手が付けられていないものがあります。それは、社長が思い入れがあるものです。

 

しかし、銀行は、これをこの際、何とかしたいとお考えです。もし、そのままになると、今後見直すチャンスがなくなってしまいます。

 

そこで、外部の経営コンサルタントに入っていただき、客観的な判断と指摘をして欲しい。その上で、なるべく早く処理するように促されます。

 

思い入れがあるのはわかりますが、これから売上や利益につながりますか?

 

窮状に陥っている場合は、このようなものをできるだけ見直した方が良いです。

 

一から再スタート。そうお考え下さい。

 

あの時のアドバイスで助かったという時が必ずきます。

 

思い入れだけで判断しないように注意して下さい。