【サービスエリア・パーキングエリアの経営課題】つけ麺はやらない方が良い理由とは?

【サービスエリア・パーキングエリアの経営課題】つけ麺はやらない方が良い理由とは?

 

つけ麺の麺は、極太面で、麺の茹で時間は10~15分かかります。だから、つけ麺を販売すると回転率が悪くなります。

 

つけ麺は流行っていますが、こういう弱点があります。

 

ラーメン類を提供する場合、麺上げの時間が大事です。これを先に考える必要があります。

 

そのため。細麺の方が有利です。3分以内に茹で上げることができるからです。

 

そうすると、普通のラーメン類も普通の太さかやや細めの方が、経営を考えると良いということになります。

 

繁忙期で行列ができる時のことも考えて、麺の太さも考えた方が良いです。