【節税対策のコンサルティングについて】節税っ何?出来上がった決算書をそのまま申告していませんか?

【節税対策のコンサルティングについて】節税っ何?出来上がった決算書をそのまま申告していませんか?

 

たまに、全く節税のことに関して、ご存知ない方がおられます。税理士の先生に決算書を作っていただき、そのまま申告されています。当然、その申告書に基づいて、税金の納付金額が決まります。

 

通常、毎月節税対策を行うか、決算月の2か月くらい前から、節税対策を行い、少しでも納付金額が少なくなるようにします。

 

そうしないと、いきなり大きな納付金額が来るかもしれないからです。経営で一番嫌なのが、キャッシュアウトです。出て行くお金が大きいと経営が厳しくなります。そのため、少しでも少なくなるように抑えます。

 

また、節税対策について、顧問税理士の先生からアドバイスを受けていない方もおられます。そういう場合は、節税対策に強いコンサルタントに相談されるのが良いです。

 

積極的に節税対策の話をしてくれたり、対策を打ってくれる人、大事です。こういう人がいるかどうかで、決算書は変わってきます。

 

是非、そういう人を見つけて下さい。節税対策は、そこから始まります。