【個人の飲食店の経営の教科書について】歪な数字、常識はずれのものを持っていないと個人店では繁盛しない

【個人の飲食店の経営の教科書について】歪な数字、常識はずれのものを持っていないと個人店では繁盛しない

 

よく、飲食店の経営の教科書という本が販売されています。でも、この中の内容というのは、飲食店の基本的なことや数字が書かれていると思います。

 

しかし、個人の飲食店は、教科書通りやったら、売れないというのをご存知ですか?

 

私の顧問先の個人の飲食店様は、どこも原価率50%超えています。いつも大盛りで大人気。

理由をお聞きすると、お客様が喜ばれるので、徐々に量が多くなったそうです。

 

また、個人店では、原価計算はしないようにアドバイスさせていただいています。そんな時間があるなら、仕込み集中して下さい。だから、単品別の原価率は出ていません。出しても意味がないです。

 

教科書に書いていることや大手がやっていることやると勝てません。

 

だから、教科書はいりません。自分で創りましょう。あるいは、そのお手伝いをさせていただいています。

 

普通でない店、それを作って下さい。