【経営コンサルタント会社の現状と選び方について】電話を取った人が担当者?

経営コンサルタント会社の現状と選び方について】電話を取った人が担当者?

 

悲劇が起こる場合があります。それは、電話を取った人が担当者になる場合です。

大手コンサルタント会社になると、予算達成や売上が欲しいため、若手が積極的に電話を取ります。

 

お電話いただいた方から状況をお聞きしても、その業界の専門の人に回しません。自分で行こうとします。これが、悲劇の始まりです。

 

だから、電話される場合は、自社・自店の業界の専門家に代わっていただくように言って下さい。あるいは、その業界のプロの方の名前やメールアドレスを聞いて、その方と直接やり取りをされて下さい。

 

また、訪問する人は、一人で良いことも伝えられた方が良いです。そうしないと、ごぞごそと数名で来られて、大きな見積もりが出てきます。

 

折角、良い評判のコンサルタント会社に電話したのに、期待するようなコンサルティングではなかったということが起こらないように注意して下さい。