【なんでも揃っている居酒屋が大苦戦】便利そうに見えて、柱がなく、特徴が見えない

【なんでも揃っている居酒屋が大苦戦】便利そうに見えて、柱がなく、特徴が見えない

 

昔は、なんでも揃っている居酒屋、夢のようでした。えっ!こんなにメニューがあると思って喜んでいました。

 

ところが、同じようなタイプの店がたくさん出てきて、どこへ行っても同じような感じ。さらに、昔はやすいなぁと思っていたのが、今は高いと感じるようになっています。

 

それに、仕事が終わると、居酒屋へ立ち寄って帰るという文化が薄れてきています。若い人は、少しでも早く帰宅しゲームかLineです。

 

居酒屋に対する憧れはもうないです。

 

生き残って行くためには、柱のメニューを作り、特徴を出すこと。また、繁盛店になるためには、テイクアウトがよく出る店にしないといけません。だから、テイクアウト専用の窓口も必要です。

 

そうすると、大手チェーン店は苦戦するのがわかると思います。すべて、冷凍の食材を使っているため、テイクアウトは出ません。

 

なんでも居酒屋からの脱皮、業態変更。これが急務です。

 

さて、何をメインに持ってくるか?

 

それで決まるような気がします。