【働き方改革について】働き過ぎよりも、働かない人が増えている

働き方改革について】働き過ぎよりも、働かない人が増えている

 

定時退社が当たり前。それに、少しでも早く出てきて、会社のためになることをしようという気概もない。当然、有給休暇の消化率も良い。他の休暇も十分に取っている。

 

そうすると、昔に比べて労働時間がかなり少なくなっています。

愛社精神が希薄になっているような気もします。

 

これで業績が維持できたり、上がったりしちれば良いですが、業績が下がっているなら問題です。それに、愛社精神のない会社や組織を立て直すのは非常に難しいです。

 

働き方改革を労働時間だけで判断・評価しないこと。

 

もっと根本的に大事なことがあるはずです。それを見極められないと、会社はおかしくなります。

 

会社のために働く、そういう人を育てる必要があります。

 

ちょっと違った方向に行っていないか、心配です。