【焼肉店の商品販売戦略について】自家製のタレやドレッシングを通販で売るのが難しい理由

焼肉店の商品販売戦略について】自家製のタレやドレッシングを通販で売るのが難しい理由

 

もうすでに、いろんな商品が市販されています。特に、大阪は焼肉の町のため、食品スーパーには、数多くのタレやドレッシングが並んでいます。

 

例えば、人気の叙々苑のタレよりおいしいと自信はありますか?

また、見た目のパッケージデザインは、おいしそうですか?手に取りたくなりますか?

こだわっている点何ですか?一流ブランドの商品に勝てますか?

 

こういうことを一つずつ考えて行くと、課題が見えてくると思います。

 

通販用に商品を開発をすれば売れるという時代は終わっています。競争が物凄く激しくなっています。そのような状況下で売ることを考えないといけません。

 

具体的には、焼肉のタレは、どこもやや甘いです。だから、甘くない焼肉のタレで販売する。生のタレを販売するなど、一工夫が必要です。

 

この商品力がすべてかもしれません。売り方は、いろいろあります。でも、商品力だけは、自店で考える必要があります。

 

簡単に売れそうで一番売るのが難しい商品です。他店では真似できないもの、何か見つけて下さい。