【家族経営の課題について】親子で苦労するのが良い

【家族経営の課題について】親子で苦労するのが良い

 

苦労はさせたくない。苦労しているところを見せたくない。

借金もさせたくない。

 

それで、社長は猛烈に頑張られます。息子が成人するまでには、借金を0にしようとされます。当然、無事借金は0になります。

 

ところが、息子さんは社長と一緒に汗を流したことはなく、借金の苦しみも知りません。銀行交渉もやったことがないです。

 

果たしてこのような状態で息子さんは、良い経営者になられるでしょうか?

 

苦労や借金はない方が良いのは当たり前のことですが、全くないと今度は危機を招きます。

 

だから、理想は親子で苦労するのが良いです。

 

お坊ちゃん体質にならないためにも、注意されて下さい。

 

これが、家族経営の一番大きな課題です。