【中小企業の事業承継について】オリジナルの家訓を作って下さい。コツは、やってはいけないことです。

【中小企業の事業承継について】オリジナルの家訓を作って下さい。コツは、やってはいけないことです。

 

逸脱したことを止めるためにも、オリジナルの家訓を作って下さい。家訓とは、やってはいけないことです。

 

よくあるのが、飲食業に手を出すこと。ラーメン店を何百件も食べ歩いているので、いつかラーメン店をしたいとか、飲食店を出したいというようなことです。修業もせず、いきなり店を出して成功することはないです。それに、黒字にはならず、赤字亜続きで、いつか撤退です。

 

また、自分一人でやるのならまだ良いですが、社員を使って巻き込む場合もあります。

 

本業に関係する事業しかやらない。他のものには手を出さない。それが、一番良いです。

 

あるいは、他県への出店はしない。これも大事です。食に関係する事業を行っている場合、県を超えれば好みの味が変わるからです。それに、他県ではブランド力が通じません。

 

このようにやってはいけないことを現社長の時代にきっちりと作っておいて下さい。

 

これがないと、後々大きな問題が起こります。

 

是非、家訓、考えてみて下さい。