【古びた商店街の調査より】500円以下の商品を販売している店が繁盛している

【古びた商店街の調査より】500円以下の商品を販売している店が繁盛している

 

商店街の中から、宝石専門店や家具専門店など、単価の高い商品を扱っている店が撤退しています。撤退の順番もこの単価高いところからです。

 

では、どういった店が生き残り、繁盛しているか?

それを調べてみると、一つの答えが見つかりました。

答えは、なんと500円以下の商品を販売している店です。

 

例えば、路上で販売している500円以下の婦人服、平日でも人だかりです。

 

また、商店街の中の弁当店、弁当一つが400円以下に設定。セルフでレジへ持って行くスタイルですが、よく売れています。

 

当然、コロッケ専門店も生き残っています。

 

500円以下の商品の販売、ここに視点をおいて考える必要があるような気がします。

 

安いと来てくれます。

 

500円商店街で活性化。これも一つの案です。