【JR新大阪駅の風景について】駅弁VSコンビニ

【JR新大阪駅の風景について】駅弁VSコンビニ

 

JR新大阪駅に大手コンビニが入り、大人気です。オープン冷蔵庫に手軽な弁当を陳列され、よく売れています。弁当の価格帯は、500円以下。利用されているのは、ビジネス利用のお客様です。

 

一方駅弁は、駅弁専門店で観光客の方が購入されています。観光客の方は、コンビニの弁当は買われません。

 

完全に二極化していますが、コンビニの方が需要が高まり、駅弁はやや苦戦です。

 

理由は、駅弁は高いからです。朝から1個1,000円を超える弁当に手が出ません。見るだけの方も多いのではないでしょうか?

 

安い駅弁、これを探されている方も多いと思います。このままの価格帯で販売しているとますますコンビニに負け、売れなくなります。

 

駅弁は高いというイメージ、どこかで変えないといけません。

 

駅弁の戦略の見直し、急務のような気がします。