【出店戦略について】県や市をまたいで出店しない

【出店戦略について】県や市をまたいで出店しない

 

広げ過ぎた出店戦略、少し景気が悪くなったり、ビジネスモデルが合わなくなると、撤退と集約が始まります。結局、県内や市内の店だけが残ります。

 

外に出した店は全部閉めるというようなことが、よく起こっています。出店せずに、内部留保していたら、どれだけお金が残っていたか。

 

店を増やして拡大したいという夢はあると思いますが、大成功されている方は、どこまでしか出さないと、自分でルールを持っておられます。

 

店が多い会社ほど苦戦?

それが、現実に起こっています。

本店だけ残して再出発という場合もあります。

 

最初から、出店エリアを決めておくことが大事です。

 

市をまたぐと、マーケティング法則が変わります。ちょっとしたことなのですが、それが非常に大きいです。

 

出店戦略の見直し、それが始まっています。