【大阪のたこ焼き店の変化について】テイクアウト専門店からイートンイン型の店舗へ

【大阪のたこ焼き店の変化について】テイクアウト専門店からイートンイン型の店舗へ

 

テイクアウト専門のたこ焼き店、苦戦というよりは横ばいのまま。売上が天井で、そこから伸びません。

 

そこで、大阪で最近出てきたのが、イートイン型の店舗です。カウンターと椅子を用意しただけの店舗が調子良く、ある程度、飲食店としての形をした店が増えています。

 

イートイン型にすると、お酒が出ます。それも、午前中から出ます。

 

売上は、テイクアウト専門時の2倍以上売れている店もあります。

 

たこ焼を食べながらビールを飲む。なぜ、今まで気づかなかったのか?

 

たこ焼店の新業態が上手く行っています。

 

立ち飲み屋さんへ行くよりも安くつく。このことに気づいたお角様は、リピート間違いなしです。

 

たこ焼の新時代が来たような感じです。