【宅配弁当参入の戦略について】飲食店の出店ではなく、宅配弁当への参入

【宅配弁当参入の戦略について】飲食店の出店ではなく、宅配弁当への参入

 

最近、戦略が変わってきています。今までは、飲食店を出店するのが戦略でしたが、今は宅配弁当への参入です。

 

それも店は持たず、宅配弁当専門というところも出てきています。

 

店を作ると固定費がかかります。お客様の来店数が少ない日も当然出てきます。だから、非常にリスクが高いです。

 

一方、弁当は各種販促活動で、注文数を増やすことができます。そこに注目した方が、参入し始めています。

 

いろんな料理が宅配弁当で食べることができます。家呑みも増え、今後ますます宅配弁当は伸びるでしょう。

 

これが、都会の食のマーケット事情です。

 

飲食店様もテイクアウトだけでなく、宅配弁当をどうするか?

 

一つの課題になっています。