【牛肉ブランドの変化について】大阪は、もうA5にこだわらなくなっている

【牛肉ブランドの変化について】大阪は、もうA5にこだわらなくなっている

 

A5という表現、世の中に浸透しました。一番良い肉は、A5ランクなんだという神話ができています。

 

ところが、プロから見ると、決してA5ランクが最高の肉を表しているのではないとおっしゃいます。

 

自分で噛んで食べてみておいしいと思う肉が、本当においしい肉。だから、A5にこだわらない店が増えています。

 

A3を中心に扱う店すら出てきています。

 

○○黒毛和牛やA5と書いていれば売れると時代から、店主の目利きが大事になっています。

 

そのため、焼肉店などでも、「メニュー表にA5と書いてあったのに、おいしくなかった」というような口コミ投稿があります。

 

牛肉ブランド、変化してきているような気がします。