【飲食店の経営課題】正月の元旦営業について

【飲食店の経営課題】正月の元旦営業について

 

正月の元旦営業が話題になっています。大手チェーン店は、休みにされるところが増えています。

 

さて、個人店ではどうすべきか?

大手に追随する?

 

立地にもよると思いますが、従来から元旦の売上が高い店は、元旦は営業すべきです。売れる日に売っておかないと売上が立たないからです。

 

自店の都合よりもお客様の都合を優先する。それが、商売のあり方です。

 

それに、正月を過ぎると、どんなことが起こるかわかりません。危機管理のためにも、早めに稼いでおくこと。

 

休みは、休める時に休む。これが、個人事業の休みの取り方です。

 

いつ休むかよりも、どうやって売上を上げるかの方が大事です。