【ホテル・旅館の新需要について】卒論を高級なホテル・旅館で仕上げる?

【ホテル・旅館の新需要について】卒論を高級なホテル・旅館で仕上げる?

 

私の場合、月18,000円の間借りの小さな部屋で、手書きで必死に書いていました。ゼミの担当の教授が、誤字脱字を嫌う方で、修正は不可のため、途中で間違うと一から書き直していました。

 

さて、現在は?

卒論を高級なホテル・旅館で仕上げる人が増えているそうです。

夜遅くまで頑張っているため、1泊4食のプランらしいです。

 

もし、有名な文豪が書物を書いたホテル旅館なら、人気が出るかもしれません。

 

卒論プラン?

新しい需要が生まれています。