【ケーキマーケットの減少から世の中を見る】ハレの日の減少。すべてが日常化へ。

【ケーキマーケットの減少から世の中を見る】ハレの日の減少。すべてが日常化へ。

 

ケーキが、年々売れなくなっているようです。安くておいしいコンビニスイーツが出てきて、拍車がかかっています。個人的にも、セブンイレブンモンブラン、大好きです。

 

それと、ハレの日というのが縮小しているように思います。思い切ってお金を使うというのは、年間ほんの数日だけ。

 

また、お金を使わなくても、良い商品が出に入ります。

 

使うとしたら、自分へのご褒美です。

 

そういうマーケットを狙った仕掛けが面白いです。

 

例えば、一人焼肉、私も一人暮らしの時、よくやりました。給料が出ると一人で焼肉屋さんへ。

 

それが、一人焼肉専門の店ができています。

 

マーケットの変化に合わせて、店や商品を作ることが大事です。

 

それができないと衰退しますので、注意して下さい。