【食品スーパーの年越しの商品戦略について】年越しそばから年越しラーメンへ

【食品スーパーの年越しの商品戦略について】年越しそばから年越しラーメンへ

 

子供たちは、お父さんにどこへ行こうか?何を食べようか?と聞かれれば、必ずラーメンと言います。

 

同様に若い人も、そばではなくラーメンになっています。ラーメンを食べ歩きされる方までおられます。

 

さて、食品スーパーの対応は?

まだ、昔通りのそばと海老天を売ろうとしています。

おそらく、毎年、売上が下がっていると思います。

このままで良いのでしょうか?

 

年越しラーメンに舵を切るまでとはいかなくても、おいしいラーメンの仕掛け、大事なような気がします。

 

一度火が付いて、いろんな食品スーパーがやり始めると、マーケットは大きくなります。

 

後は、どういうラーメンを売るか?

 

商品戦略次第です。

 

今年の年末は、どうなるでしょうか?