【食品スーパーの経営課題について】ゆっくり売れなくなっているから、変わることができない

【食品スーパーの経営課題について】ゆっくり売れなくなっているから、変わることができない

 

少しずつ売上が下がっているものがある。しかし、赤字になるまでは、そのまま。そういう現状があります。

 

売上が下がるとどうなるか?

食品ロスが多くなり、利益は下がります。

 

どこかで大きな見直しを図り、新たな商品戦略が必要です。

 

急に売れなくなると対策を打ちますが、ゆっくり下がっているものは、対策が打てていない。

 

この状況、早く打破しないと手遅れになります。

 

何でもすべて揃っている食品スーパーが苦戦するのは、こういう理由があるからです。

 

目に見えないところで、怖いことが起こっています。