【食品スーパーの定点観測より】数の子、かまぼこは売れていない。新しい商品戦略が必要です。

【食品スーパーの定点観測より】数の子、かまぼこは売れていない。新しい商品戦略が必要です。

 

ある食品スーパーへ定点観測に行くと、数の子、かまぼこは売れていません。

 

かまぼこ売場は、他の練り物を縮小して、かまぼこが大量陳列されています。売り方は良いと思いますが、動いていません。このまま、年末まで売れず、年明けから値引き販売。これが、毎年続いています。

 

また、数の子は私たちの世代は、あこがれの食べ物。一切れ食べるだけでも興奮していましたが、今の子供たちや若い人は食べません。好みの食べ物ではないです。

 

このままでは、年々売上を落として行きます。変化が必要です。

 

もう昔のイメージで正月売場を作らないこと。

 

世代を超えて、喜ばれる商品を探し、それを展開すること。

 

肉や寿司は、伸びています。それをどうやって売場で見せて行くか?

 

変えて行かないと、未来はないです。