【マーケティングの変化と対応策について】家で食事をする機会が増える

マーケティングの変化と対応策について】家で食事をする機会が増える

 

若い人たちは、仕事が終わると、ちょっと呑んで帰るという風習はないです。立ち寄るとしたら、コンビエンスストア。できるだけ、早く帰って、ゲームをするか、Lineをする。それが、一番の楽しみになっています。

 

さらに、総菜や弁当が、格段においしくなっています。そういうものを買って帰る機会が徐々に増えています。

 

そのため、飲食店で食事というのも、減っているかもしれません。

 

逆に、おいしい飲食店でテイクアウトが増えています。

 

高齢化社会で介護も増え、これからは、家で食事をする機会が増えるような気がします。

 

だから、そういうことを見据えて、営業スタイルを変えて行くことが大事です。

 

飲食店も店内飲食だけでなく、テイアウトを伸ばさないと、売上は伸びないでしょう。

 

外に出たくても出れなくなった人、これから増えると思います。

 

そのための戦略や対策を必ず練って下さい。