【個人の焼肉店の経営課題について】どんな肉を提供しているか?

【個人の焼肉店の経営課題について】どんな肉を提供しているか?

 

特段、A5にこだわる必要はありません。大阪では、A5神話は崩れています。A5ブランドだけでは通じなくなっているからです。

 

オーナーや店主がこれだ!と思った肉を提供されている店が繁盛されています。

 

だから、自店の肉は、どういうものを提供しているのか、それを言葉に表して下さい。

 

例えば、「見た目だけでなく、噛んで甘い肉を提供しています」というふうにお客様にわかりやすい表現が良いです。

 

プロの専門家の言葉ではわかりづらいからです。

 

また、「安くておいしい肉をいつも探しています」というのも良いでしょう。高い肉を追いかけなくても、おいしい肉はあります。

 

ある程度、安さ感やお得感がないと、入店されません。

 

さて、どんなキャッチコピーで宣伝されますか?

 

一度考えてみて下さい。