【飲食店の出店戦略について】好立地なのに空き物件が埋まらない

【飲食店の出店戦略について】好立地なのに空き物件が埋まらない

 

昔は、空き物件を見つけるのが非常に難しかったです。そのため、少々不便な場所でも開業していました。

 

ところが、今は、好立地なのに空き物件が埋まっていません。空いたままです。

 

それと、安易に飲食店でもやろうか?というような人がいなくなったからかもしれません。それだけ、飲食店が難しくて、厳しいということがわかってきだしています。

 

もし、店を出すとしたら、かなり研究して、計画を立てて出すこと。

 

素人が手を出すビジネスではなくなっています。

 

コンビニエンスストアも閉店が増えている時代、ますます空き物件は増えて行くでしょう。

 

本当に強い店しか残らない。

 

そういうことが起こっています。