【繁盛店の生き残り策】小さい店なのに大きくしない

【繁盛店の生き残り策】小さい店なのに大きくしない

 

どんな業態にも言えることなのですが、小さい店なのに大きくされません。移転して、大きな店にすることはできると思います。ところが、昔から小さい店のまま。また、店を増やされません。頑なに、本店だけで頑張られます。

 

でも、これが一番安全な経営です。少し調子が良くなると、店を大きくしたり、店を増やそうと考えます。ところが、そういうことをした瞬間、経営はおかしくなって行きます。

 

小さな店のままで良かったのにということがよくあります。

 

もし店を大きくするなら、今の立地で少し大きくすること。それ以上のことはしない。

 

先代からの言いつけを守って、余計なことはされません。

 

小さな店で行列を作る方が、難しいです。それでもそれにチャレンジされています。

 

小さな店には、小さな店の良さがあります。身の丈に合った商売の仕方、それも一つの方法です。