【正しい節税対策について】修繕費で計上した方が良い場合、減価償却費で計上した方が良い場合

【正しい節税対策について】修繕費で計上した方が良い場合、減価償却費で計上した方が良い場合

 

計上の仕方は、税理士事務所任せになっていませんか?

一括計上で減価償却費にする。作業的には、その方が楽で、簡単ですが、それでは経営を見ていないことになります。節税対策を行っていないことになります。

 

そういう場合は、工事費を細かく分けて、経営状態に合わせて処理するのが良いです。

 

それが、プロの仕事です。

 

税理士の先生が、ちゃんとやってくれているはず。そこに、落とし穴があります。

 

節税の仕方は、いろいろあります。その道に詳しい方に必ず相談して下さい。

 

業者の方にきっちりとお金を支払うだけでなく、税金のことも考えて下さい。その金額、結構大きいですので、注意して下さい。