【流通業の今後について】アメリカ西海岸の流通業視察がなくなった

【流通業の今後について】アメリカ西海岸の流通業視察がなくなった

 

昔は、流通業と言えば、アメリカ西海岸から学ぶものだという固定概念がありました。流通業に携わっている方は、みな視察に行きました。

 

ところが、今はこのような視察、ほとんど見なくなりました。

 

アメリカから学ぶことがない?参考にならない?

 

アメリカへ行っても流通業ではなく、IT企業の視察です。

 

今学ぶとしたら、日本で好調な流通業の会社でしょう。その方が、わかりやすく、参考になります。

 

また、アメリカから来たものは、寿命が短いです。長く繁盛し続けるというのが難しいです。

 

もうアメリカへ行くよりも、日本で好調な会社を探した方が良いです。

 

アメリカ視察は、経営者や担当者の方の息抜きには良いですが、それ以上のことが期待できなくなっています。

 

それと、視察に行かなくても伸びている会社のテレビ番組がやっています。片っ端からそういうものを録画し、勉強するという方法もあります。

 

時代は変わったのです。

 

時代に合った勉強の仕方が大切です。