【お米屋さんの経営課題について】どこまで新品種・新銘柄の米を増やすか?

【お米屋さんの経営課題について】どこまで新品種・新銘柄の米を増やすか?

 

米産地では、新品種・新銘柄競争になっています。どんどん新しい米が出てきています。

 

そのため、営業をかけて、なんと売ろうと必死です。

 

ところが、どこまでこの新品種・新銘柄を増やすか?

 

仕入れようと思うと、どこからでも米は手に入ります。それくらい、だぶついています。

 

仕入れたが売れないでは、在庫になってしまいます。

 

そうならないための一つの方法は、店主が試食して、上手いと感動した米しか仕入れない。そういうルールを自分で作って下さい。

 

自分が好きなタイプの米なら売りやすいです。

 

価格やその他の条件では選ばないこと

 

迷ったら、この基本ルールに返って下さい。

 

しかし、このままでは、市場に米がだぶつきます。そのこともちょっと心配です。