【食品スーパーの新経営戦略】ハレの日の企画商品は販売しない

【食品スーパーの新経営戦略】ハレの日の企画商品は販売しない

 

節分の日、恵方巻を食べる日が近づいていますが、一切告知がありません。おそらく、恵方巻は、販売されないのでしょう。バレンタインデーのチョコレートも販売予定なし。

 

これでは、お客様が喜ばないのではと思うかもしれませんが、経営的には安定します。

 

食品小売業で一番怖いのは、ロスです。ロスが大きいと、いくら売上が上がっても意味がないです。

 

企画商品を少なくし、定番をしっかりと安く売る。その方が、良いです。

 

ただし、このことをお客様が理解してくれるかどうかです。

 

大手は、ハレの日の企画を必ずやらないといけないものになっています。だから、利益率が上がりません。

 

日本の食品スーパーのあり方、変化してきています。

 

さて、どういう判断をするか?

 

各店の考え次第です。