【バレンタインデーの時代変化について】バレンタインデーの人気がない

【バレンタインデーの時代変化について】バレンタインデーの人気がない

 

私たちが子供の時のようにチョコレートが売れていないようです。バレンタインデーには、本命チョコと義理チョコを必ず配るという風習が、徐々になくなってきています。

 

チョコは、チョコが好きな人が、自分のために買うもの。学校や会社に大量に買って配るというものではなくなっています。

 

昔のイメージを持ったまま、いつまでもバレンタインデー向けにチョコレートを作る。新しい切り口で企画を考える。ところが、販売数は、年々落ちています。

 

そのため、食品スーパーなどでは、バレンタインデーのチョコレートは撤退されているところもあります。

 

企画ものはやらない。定番を安くすることだけを考える。この方が安全で、経営も安定します。

 

少子化の影響もこんなところに出てきています。

 

無理してやらなくても良いと思う方は、やらない方が良いと思います。

 

利益を出すには、止める勇気が必要かもしれません。