【焼き鳥専門店の新業態の出店について】売れる焼き鳥専門店開発と新たな視点が必要

【焼き鳥専門店の新業態の出店について】売れる焼き鳥専門店開発と新たな視点が必要

 

居酒屋というと焼き鳥店。こだわった焼き鳥店が次々と出てきています。特に、東京は多いです。鶏にこだわり、メニューも豊富で人気店がたくさんあります。

 

さて、都心ではない普通の町での焼き鳥店開発、どう考えれば良いか?

 

まず、焼き鳥市場ですが、少しずつ落ちています。理由は、若者や子供が食べないからです。祭りなどの屋台でも、昔はよく食べながら歩いていましたが、その光景を見なくなりました。

 

若い人たちや子供は、鶏料理の場合、焼き鳥も唐揚げの方が好きだからです。だから、将来的に見ても、焼き鳥市場は、少しずつ減って行く可能性があります。

 

それと、もし今後焼き鳥店を開発するなら、テイクアウト需要を狙ったり、焼き鳥弁当なども考えること。

 

あるいは、唐揚げメニューを入れることなども検討して下さい。その方が、売上が上がります。

 

時代に合わせた業態開発が大事です。

 

昔のイメージで店を作らないこと。

 

焼き鳥専門店も、店づくりを変えた方が良いです。