【食品スーパーの商品戦略について】節分の日関連の商品はどこまで必要?

【食品スーパーの商品戦略について】節分の日関連の商品はどこまで必要?

 

恵方巻はまだ売れても、豆やいわしはどうでしょうか?

それに、鬼のお面がついた豆、見なくなりました。

豆まきも家庭でしないそうです。

 

商品を置いてもロスになるだけ。そのため、全く扱わない店も出てきています。

 

また、1日だけでの企画というのは、ロスが発生しやすいです。どこかで、見直しが必要かもしれません。

 

節分の日は、恵方巻を少し食べる日。そういうふうに変わってきています。

 

昔からの風習、どうなって行くのでしょうか?