【介護施設等の再生・立て直しについて】実施、再生・立て直しは可能か?

介護施設等の再生・立て直しについて】実施、再生・立て直しは可能か?

 

開設して3年間は赤字。4~5年目にやっと赤字脱出。そこから少しずつ黒字になって行くビジネスモデル。

 

ところが、どこも黒字転換できずに困っておられます。金融機関も長期的な視点が見えず、コンサルタントの調査・分析を期待されます。

 

実際、損益分岐点は、何室なのか?

また、満室の場合の売上や利益はいくらなのか?

 

例えば、ホテル・旅館の場合は、宿泊以外に宴会やブライダル、レストラン等、他のビジネスがあるため、売上に上限はないです。

 

ところが、介護施設の場合は、満室になれば、それが上限です。他に物品販売等も行っていないため、売上を上げるのが非常に難しいです。

 

そのため、職員の給料を上げようと思えば、利用料金を上げないといけないという悪循環が起こります。

 

売上は上がらない、給料は上がらないとなると、離職者が増えます。

 

食事等を安い業者に変えたとしてもほんのわずかです。それに、食事が悪くなると、必ず利用者は減ります。

 

要介護の方にとって、食事は一番の楽しみだからです。

 

数値目標は、稼働率が最低85%以上。それを達成させるためには、オーナーの強烈な理念が必要です。それと、どこよりも食事がおいしいという評価をいただき、口コミになっていること。

 

介護施設は事業としては、すばらしいことですが、経営面から見ると非常に厳しい現状があります。

 

他のどの事業よりも再生・立て直しが難しいかもしれません。そのため、病院等が、介護事業を手放すところも出てきています。

 

まず、調査・分析を行い、精査して、出口を見つけること。

そこが、一番大切です。