【お米屋さんの経営課題について】大きな精米工場を建てたところが大苦戦

【お米屋さんの経営課題について】大きな精米工場を建てたところが大苦戦

 

30年くらい前、大阪に仲卸の攻め方を学びに来られたお米屋さんが多かったです。それを研究し、地元で実践する。

 

徐々に成果が出て、次は郊外に大きな精米工場を作って勝負されます。大阪とは違い、土地の価格が安いため、そういう展開が可能です。

 

ところが、その時の精米工場の負担が今になって大きくなっています。

 

お米の消費量は、30年前に比べて半分です。そうすると、仲卸のマーケットも半分ということになり、売上も半減です。

 

あの時、投資をしなければ良かったというようなことが起こっています。

 

今は投資するなら、ネットです。工場や精米機に投資する時代ではないです。

 

それに、上手く行けば、投資0でいけます。それが、ネットの世界です。

 

ネットに強い人が勝つ!これが、これからの米業界です。

 

投資先を見誤らない。先を見て経営をする。

 

時代は変わったのです。大きな精米工場や精米機で、大量に米を販売するから、ネットで丁寧に米を販売したり、問い合わせが来るようにする。

 

どんなに売れても工場は建てない。もし、売れたら、大きな精米工場を持っているところに委託する。それが、安全経営です。

 

失敗しない経営を考えて下さい。