【お米屋さんの経営課題について】新潟産ブランドから次の展開へ

【お米屋さんの経営課題について】新潟産ブランドから次の展開へ

 

大阪のお米屋さんの情報を集めると、昨年の新潟産こしひかりは良くなく、年内で売り切って、その後仕入れをしていないという方が多いです。

 

もう、昔のように新潟ブランドだけでは、米は売れなくなっています。

 

だから、今は、米探しが一番の鍵となっています。

 

新潟こしひかり以外にどの米で勝負するか?

 

お客様に自信を持っておすすめできる米が必要です。

 

それと、日本全国、毎年出来が違います。お米屋さんの目利きが非常に重要になっています。

 

だから、おすすめの米も毎年変わるかもしれません。

 

新しい時流がやってきています。上手に対応して下さい。

 

次に来る米は何か?それを見極める競争になっています。