【お米屋さんの改装の注意点について】綺麗な店にし、店頭精米にしたら、売上が減った

【お米屋さんの改装の注意点について】綺麗な店にし、店頭精米にしたら、売上が減った

 

売上が下がっているのは、店が綺麗ではないから?

そこで、どこにもないような綺麗な店にされます。それと、店頭精米が流行っていると聞き、切り替えられます。

 

そうすると、店内には、精米された米はなく、玄米容器と小さな商品看板があるだけ。これでは、活気のある米屋には見えません。

 

それと、店頭精米の弱点は、お客様が購入される容量が減ることです。平均して2㎏くらいになります。

 

以前は、10㎏・5㎏が売れていたのに、ガクッと下がります。それも徐々に下がり続けます。

 

では、容量が減った分、新規のお客様が増えれば良いですが、増えてもほんの少しです。

 

改装効果は限定され、何のために改装をしたのかということになります。

 

だから、お米屋さんの改装はおすすめしません。改装しても売上が上がらないからです。

 

それよりも、ネット上にピカピカのホームページを作って下さい。その方が、効果的です。

 

このホームページ、一般消費者向けだけでなく、業務店・飲食店向けにも作ることができます。また、お米ギフト専用のものを作ることもできます。

 

投資するところを見誤らないこと。

 

お金は、ネットに使って下さい。