【大手飲食チェーン店の経営戦略について】店頭でテイクアウトの弁当を強化する

【大手飲食チェーン店の経営戦略について】店頭でテイクアウトの弁当を強化する

 

大手飲食チェーン店では、最近、店頭でテイクアウトの弁当販売に力を入れられています。弁当は、片付けや洗い物が発生しないため、人件費がかかりません。店内飲食よりも少々安くしても利益が出ます。

 

それと、テイクアウトや持ち帰りは、今の時流に合っています。新型コロナウイルスなどの影響で人混みを避けるため、弁当を買って会社に戻られます。

 

また、夜の食事も弁当を買って帰り、Lineやネットをやりながら食事というのが、若者の新しいスタイルです。

 

弁当の質がかなり向上し、お店の味が食べれます。そのため、持ち帰りやテイクアウトは、ますます伸びるでしょう。

 

さらに、今後、弁当の販売に力を入れるなら、何か特徴が欲しいです。店内飲食よりもおかずが多いとか、肉の量が多い、あるいはごはんが大盛りなど。ちょっとした工夫で売上が変わってきます。

 

立地にもよりますが、テイクアウトの弁当、かなり伸びそうな予感がします。

 

是非、研究をすすめて下さい。