【飲食店様からの経営相談より】仕出し料理の宅配の相談がなくなり、弁当事業の相談が増えている

【飲食店様からの経営相談より】仕出し料理の宅配の相談がなくなり、弁当事業の相談が増えている

 

普通の法人向けの弁当の場合、単価が低く、作れる個数も限られ、なおかつ配送エリアも限定です。そのため、売上はどんなにがんばってもここまでという壁に当たります。だから、単価の高い仕出し弁当を考えられます。

 

しかし、近年、食中毒の発生が多く、みなさん敬遠されるようになっています。また、冠婚葬祭での仕出し弁当の利用が減っています。

 

一方、飲食店様が参入を考えられているのは、弁当のテクアウトや弁当の宅配事業です。

 

もう、安易に店を増やす時代ではないです。コストがかからず、安全性が保たれる事業が良いです。

 

流れは、仕出し弁当から宅配弁当です。

 

これからは、弁当をどうやって事業化するか、そこにかかっています。

 

時代は、大きく変わっているようです。