【お米屋さんの売上アップについて】米生産地・米消費地だけでなく、県別に売上アップの手法は異なります。

【お米屋さんの売上アップについて】米生産地・米消費地だけでなく、県別に売上アップの手法は異なります。

 

同じ玄米・白米を扱っていても、東京と大阪でも異なります。売り方や攻め方も違います。

 

その県に合った売り方や商品が大事です。

 

だから、他県で成功したからと言って、それをやってみても売上が上がらないことがあります。

 

お米ギフトなどの場合もそういう風習がるところと、ないところでは違います。大阪では、お米をギフトをいただくという風習はないです。そのため、体重米やだっこ米など、知らない方が多いです。

 

一方、そのような風習が昔からあった地域もあります。

 

ブレンド米も今研究が進み、各店武器にされていますが、こちらも強いところと通用しないところがあります。

 

一般家庭用の米も地域ごとに売れる銘柄・品種が違います。

 

米屋の売り方は、日本全国違います。自県では、どういう売り方が良いのか、ちょっと聞いてみたいという方は、弊社までいつでもお気軽に問い合わせ下さい。