【お米屋さんの経営課題について】お米屋さんは店主の食べ物の好みで売上が変わる

【お米屋さんの経営課題について】お米屋さんは店主の食べ物の好みで売上が変わる

 

いつもお米屋さんに訪問させていただくと、食べ物は何が好きですか?どんな飲食店に良く行かれますか?とお聞きします。

 

理由は、店主の方の食べ物の好みで売上が変わるからです。

 

売上が上がっている方は、焼肉が好きです。奥様も大好きです。

 

焼肉が好きだと、焼肉店に営業をかけ、新規開拓されようとされます。焼肉に限らず肉系の店には、営業に行かれるでしょう。

 

肉系の店の方が、米の消費量が多いです。だから、肉が好きな方が有利です。

 

一方、和食が好き、寿司が好きと言う方は、売上が上がりづらいです。焼肉を食べたことがないという方もおられました。

 

和食で、ごはんをガツガツ食べ、おかわりと言うのはあまりないです。寿司店もごはんを使うようで、そんなに使いません。

 

和食系が好きだという方は、和食の店に営業をかけられますが、今日本で苦戦している飲食店は和食系です。日本料理店や割烹料理等、売上は上がっていません。

 

肉好きの店主、まだまだ伸ばされると思います。

 

焼肉に勝るものはないです。