【米屋の立て直しについて】借金があり、赤字です。追加融資も厳しいみたい。そういう場合、どういうふう立て直しを行えば良いか?

【米屋の立て直しについて】借金があり、赤字です。追加融資も厳しいみたい。そういう場合、どういうふう立て直しを行えば良いか?

 

町中のお米屋さん、きつくなっているところがよくあります。店構えは良く、いろんな米を扱って繁盛されているように見えても、実情は火の車。このまま廃業した方が良いのかどうか、悩んでいる方もおられます。米屋の仕事は、重量物を扱うため、年を取るときついです。そのことも不安要素になっているようです。

 

さて、立て直しの方法ですが、普通は社員や従業員酢数を少なくし、人件費・固定費を下げます。ところが、お米屋さんの場合、ほとんどが家族経営で、従業員を正社員で雇っているところは少ないです。だから、人件費の削減というのはないです。

 

また、業務店や飲食店に営業をかけても決まりません。それに、価格競争に巻き込まれます。入札案件に手を出すと、粗利が低く、体だけしんどく、利益は出ません。

 

では、どうすれば良いか?

ネットを使って高級米を売りませんか?このマーケットはまだまだあります。お米屋でもこのような売り方をされていません。

 

物凄くおいしい米を持っているのに、もったいないです。私がおすすめしているのは、ブログで売ること。ブログで情報を流し続ければ、問い合わせがきます。

 

でも、武内さん、私たちアナログ夫婦でネットはできませんという方がおられます。

そういう方は、何もされなくても大丈夫です。ネットのことに関して、すべて私が代行してやります。そんなやり方もネットではできます。

 

もう、経費の削減はギリギリまでされていると思います。そうすると、後は新規客を増やすだけです。

 

ブログは、新規開拓向けです。

 

お米屋さんの立て直しは、ネットやブログにかかっています。他のことをやっても立て直しは難しいです。

 

立て直しでお困りの方は、一度弊社まで問い合わせ下さい。