【新型コロナウイルスの消費者心理と行動について】家で食べる

新型コロナウイルスの消費者心理と行動について】家で食べる

 

新型コロナウイルスの影響で、不要なものは買わなくなっています。いつお金がかかるかわからないので、無駄遣いはしない。そのため、財布の紐が固くなっています。

 

外食も控え、できるだけ家で食事をしようとされています。あれだけダイエットでごはんを食べない風潮が出てきていたのに、米が売れています。少し備蓄しておかないと不安なようです。

 

だから宅配やテイクアウトが大人気。少し、購買動向が変わってきています。そのため、店側も対応していかないと売上を落とします。

 

家で食べることを想定して考える。そこに売れるヒントがありそうです。

 

外は危険、家の中は安全。そういう心理があるようです。

 

家で食べれる商品づくり。それが大事なようです。