【お米屋さんのコンサルティング現場より】お米屋さんが知らない話。それは、節税対策です。

【お米屋さんのコンサルティング現場より】お米屋さんが知らない話。それは、節税対策です。

 

売上アップのアドバイスをするのは、普通よくある話です。ところが、少し話が道にそれ、節税対策の話になります。

 

そのアドバイスをすると、そんな話、税理士の先生から聞いていないとおっしゃいます。

 

例えば、出金伝票は、使ったことがありますか?そもそも伝票はお持ちですか?

領収書のないものは、すべてこの出金伝票で処理します。具体的には、精米工場で仕事をされている従業員の方はたいへんです。そこで、朝10時と15時に缶コーヒーを会社持ちで支給されているところもあります。そういう場合は、出金伝票を切り、缶コーヒーを飲んだ人の実名をかけば、費用計上できます。

 

また、就業規則を作り、出張旅費規程を設け、50㎞以上の配達や産地見学をした場合、実費交通費だけでなく日当請求できます。だから、その金額分、節税対策が打てます。

 

これらはほんの一部ですが、お米屋さんはほとんど節税対策をされていません。税理士の先生からアドバイスを受けておられません。

 

こっちがびっくりするくらいです。

 

売上を上げる以上に節税対策は、すぐに効果が出ます。

 

こういうアドバイスも行っていますので、ご興味のある方、困っておられる方は、弊社まで問い合わせ下さい。