【街中の小さな飲食店の子ども食堂開設について】儲けの向こうにあるもの

【街中の小さな飲食店の子ども食堂開設について】儲けの向こうにあるもの

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、学校は閉校。子供たちは行き場を失っています。

 

そこで、あちこちの飲食店様が子ども食堂を急遽開設されています。

 

また、食材の納入業者の方もご協力されています。

 

儲けの向こうにあるもの。自然とやられている感じがします。

 

これが、日本の風景です。

 

無料でできるもの、個々人が考えないといけません。

 

自分ができることは何か、それを問われているような気がします。