【食品スーパーの新型コロナウイルスの影響について】大阪では、納豆は売り切れになっていないが、1個49円のおにぎりがよく売れている

【食品スーパーの新型コロナウイルスの影響について】大阪では、納豆は売り切れになっていないが、1個49円のおにぎりがよく売れている

 

最近、新型コロナウイルスの影響で市場がどうなっているか、よく調査に行っています。

 

トイレットペーパーや箱ティッシュは、元通り山積みになっています。米も在庫が元に戻りました。

 

では、売れている商品は?

それは、1個49円のおにぎり。お子さんたちが家にいるため、お腹が空いたら、おにぎりを食べえるように親が言っているのかもしれません。火を使わないので、一番安全な食品です。

 

また、菓子パンもよく売れています。子供がすぐに食べれるもの。それを用意する必要がありそうです。

 

それと、大阪では、東京のように納豆が売り切れている店はないです。

 

ごはんを食べるとしたら、卵かけごはんかもしれません。

 

ちょっと売れ筋商品が変化してきていますので、その対応が大事です。