【お米屋さんの新型コロナウイルスの感染拡大の影響と予測・対策について】安い米が売れるかも?

【お米屋さんの新型コロナウイルスの感染拡大の影響と予測・対策について】安い米が売れるかも?

 

まだ、食品スーパーでは、銘柄で選んでいますが、どの家庭も収入が減り、家計は火の車です。だから、安い商品がよく売れています。

 

この状態は、しばらく続きそうなので、より節約志向に行きます。

 

そうすると、安い米が売れるようになります。

 

一方、業務用・飲食店用の注文が入ってきません。そのため、こういった米が在庫になっています。

 

業務用・飲食店用の安い玄米を使って、一般消費者向けの安い米が売れるかもしれません。

 

専門店の顔を大事にして、安い米は販売しないという店もあるかもしれませんが、飲食店の落ち込みは、ひどいです。それに、お米屋さんが飲食店をサポートすることはできません。

 

売れる時に売っておく。それも商売です。

 

10㎏2,480円~2,980円の米、売れそうな気がします。

また、地域で最安値の米を販売し、集客を図るという方法もあります。

 

店頭に、安い米あります。10㎏2,480円です。というPOPを貼ると、効果絶大です

 

さて、どうするか?

 

各お米屋さんの判断次第です。