【お米屋さんの経営課題について】一般消費者向けの米の販売に力を入れる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で飲食店の倒産・閉店が増えるから。

【お米屋さんの経営課題について】一般消費者向けの米の販売に力を入れる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で飲食店の倒産・閉店が増えるから。

 

どの飲食店も大苦戦です。売上が何分の1かになっています。

 

例えば、私のところに来たコンサルタントポータルサイトからのメールですが、ある寿司店が売上不振でコンサルタントを探しておられますが、誰も手を上げません。

 

寿司は素手で調理するため、敬遠されています。あの好調だった回転寿司ですら、売上を落としています。

 

それに、食品スーパーの寿司が絶好調です。ますます、寿司店は苦戦するでしょう。

 

そうすると、今回の件をきっかけにして、店を閉めるところが増えます。飲食業の倒産が増えます。

 

その飲食店にお米を納めていた、お米屋さんにも影響が広がって行きます。

 

一般消費者向けの米の販売量は、今のところ3割以上伸びています。これをきっかけに、一般消費者向けの米を伸ばすことを考えませんでしょうか?

 

投資は、安いブログ型ホームページを作るだけです。ブログを使ってお客様を増やして行きます。

 

業務店・飲食店の比重が高かったお米屋さんは、大ピンチです。だからこそ、伸びているマーケットを狙いましょう。

 

しばらくは、この状況が続くと思います。一般消費者向けの開拓、それが急務です。